fbpx

災害図上訓練DIG

災害図上訓練DIG (Disaster Imagination Game)

地方自治体向け訓練メニュー
災害対策課、危機管理課、防災課など

災害図上訓練DIG (Disaster Imagination Game)
内容:管轄エリア内や庁舎内の災害に対する強さと弱さを担当職員間で共通認識を深め、具体的な予防対策と発災時の対応をできるだけ明確にしていくための訓練。 頃、思っていることや感じていることなど、お互いの気づきや知識、情報を共有し、相互に知恵を活かす機会になる。

3つの訓練効果:
①既存の地域の災害特性を反映した防災マップなどをさらに細かく検証する機会になり、職員の防災意識の啓発、ビジュアル的な災害のイメージトレーニングになる。
②地域住民の目線、行政側からの目線、どの地域でどのような共助施策を促せるか?など、具体的に検討する機会になる。
③庁舎内を対象に設定する場合、庁舎内の耐震対策や災害軸を優先した各備品の配置や整理を検討する機会になり、発災時のスタートラインを片付けから始まらないようにリセットするきっかけになる。

・訓練時間:1時間30分〜2時間
・訓練の流れ:
訓練方法と目的の解説 5分
エリアの災害事情を相互理解 10分
被害想定(優先順位を規模や被災率などで設定)10分
事前対策の検討 5分
個人毎の検討 5分
グループ討論の整理と発表準備 10分
グループ毎の発表 20分
課題の検討ディスカッションおよび講評 25分

なお、訓練を同じ時間内で合理化するため、想定は2つ以上準備し、グループ毎に想定を変えることもできる。1グループ2人以上。

・ご準備いただくモノ:管轄内の防災エリアマップ、庁舎内の平面図、庁舎内の撮影(各職員がそれぞれに発災時の問題箇所や気づいたことなどスマホで撮影&メモしてくる)、ホワイトボード、マーカー、ラベル、ポストイット、パワーポイント関係 ※公的施設内撮影データの取扱注意。

ご質問、お問い合わせは、防災ワークショップなら日本防災教育訓練センターへ電話(03-6432-1171、または、090-4830-4888)、メール(info@irescue.jp)、または、下記のフォームから、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。心からお待ちしております。

防災講演のお問い合わせは下記からお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?

よろしければ、チェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

【Facebook】で【役に立つ最新防災情報】を発信致しております。
https://www.facebook.com/bousaiworkshop

防災講演なら、日本防災教育訓練センター|防災意識向上度No.1

——————————————————-
一般社団法人 日本防災教育訓練センター
代表理事 サニー カミヤ
~助かる命を助けるために~
https://irescue.jp
電話: 03-6432-1171 携帯:090-4830-4888
メール:info@irescue.jp
——————————————————-