犬・猫のためのCPR (心肺蘇生法)、救急法、健康管理セミナー

犬・猫のためのCPR (心肺蘇生法)、救急法、健康管理セミナー

Pet_Tech_Logo_2010_sm

スクリーンショット 2015-10-20 16.07.07

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-16-58-45

ペットセーバープログラムへようこそ!

日本初!PetSaverプログラム:2時間コース

■↓ペットの救急法ペットセーバーならプログラムのパンフレットのダウンロードはこちらから:
http://petsaver.jp/PDF/PetSaverClass.pdf

犬・猫のためのCPR (心肺蘇生法)、救急法、ファーストエイド(応急処置)、健康維持管理セミナー&ワークショップ

アメリカ獣医師協会によると、動物病院に緊急で運び込まれるペットのうち、搬送前にCPR(心肺蘇生法や心マッサージ)が施された場合の救命率は25%以上というの統計が上がっています。

いざというときにできる限りのことはしたい、後悔したくない、ベストを尽くしたいと思っていらっしゃる個人の方、お客様の大切なペットをお預かりしているペット関連ビジネスの方、さまざまなペット業界の方に、ぜひ、受けていただきたいプログラムです。

アメリカのペットファーストエイド指導団体「PetTech」の日本担当インストラクターが、日本語でペット(犬と猫に限る)のCPR(心肺蘇生法)、ファーストエイド(応急処置)、健康維持管理ワークショップをわかりやすくご指導いたします。

PetSaverプログラムでは、学科と実技を修了された方々にはペットセーバーコース修了書を発行いたしております。

なお、このプログラムは、アメリカ獣医師協会とアメリカ獣医学会のガイドライン(犬と猫のプログラムのみ)に沿って、アメリカで最大のペットファーストエイド指導組織のPetTechによってプログラムされています。

■受講対象者:
・消防士、レスキュー隊員、救急救命士
・獣医師、動物看護師など動物医療関係者
・ペットシッター(ドッグシッター、キャットシッター)
・トリミング関係者(トリマー、トリミングスクールやサロンなど)
・ペット譲渡施設関係者
・ペット保護施設関係者
・ペットショップ関係者
・ドッグラン施設関係者
・ペットセラピスト
・ブリーダー
・ペットホテル関係者
・ペットカフェ関係者
・ペットの里親施設関係者
・ペットの保護活動者
・ペットを家族として迎える前の方
・ペットペアレンツ(ペットの親)
・その他、犬と猫に関わる業務関係者、または、個人。

コースの内容(クラススケジュール)は下記の通りです。
1、ペットセーバープログラムについて
2、ペット(犬と猫)の健康と生活管理
3、病気のサインと兆候、予防法について
4、ペットを守るポイント(動物病院での検査など)
5、ペットのダイエット、肥満予防、肥満測定とリスクなど
6、ペットの安楽死について(準備、費用、必要なこと)
7、なぜ、ペットケアが必要なのか?
8、ペットエイドとは?ペット、周囲の人々、自分を守るということ
9、ペットと生活環境、地域の特性
10、ペットを交通事故から守る方法
11、ペット関係団体や施設とのコミュニケーションと利用法など
12、ペットの健康管理:健康観察術
13、ペットから人間に感染しやすい病気など
14、ペットの緊急対処方法、CPR(心肺蘇生法)の手順と実技
15、怪我をしたペットのファーストエイド(応急処置)手順について
16、応急処置時に犬の口をふさぐ方法、動きを抑制する方法
17、意識のあるペットと意識のないペットのファーストエイド手順
18、死戦期呼吸の見分け方
19、怪我や病気のペットへの初動期対応について
20、ペットの意識の確認方法とペットCPR(心肺蘇生法)開始判断について
21、より効果的なペットCPR(心肺蘇生法)について
22、ペットへの人工呼吸と要領手順、脈の確認方法、気道の確保
23、意識回復後の継続観察と緊急対応可能な動物病院への搬送要領
24、動物病院へ向かう前(普段から)に準備しておくもの
25、ペットの窒息原因と予防法、異物除去方法(実技&練習)
26、ペットのショックとCRT毛細血管再充満時間について
27、ペットの止血法、救急法、副子法、感染予防など
28、ペットの中毒、さまざまな毒について、中毒症状と対処法
29、ペットが蜂、毒蜘蛛に刺されたとき、毒蛇にかまれたとき
30、熱中症、やけど、感電、化学熱傷、低体温症について
31、ペットの日常的な全身健康観察方法と記録について
32、ペットの歯の健康について、観察、維持、管理
33、ペットの食事管理について
34、質疑応答、クイズ、修了書授与

■開催日:
開催日時:毎月第2土曜日、午前10時〜午後12時
2016年は下記の通り:
2016年12月10日(土)
2017年1月7日(土)
2017年2月11日(土)
2017年3月18日(土)※3月のみ第3土曜日著なります。
2017年4月8日(土)

※ただし、どうしても上記のスケジュール以外をご希望の方は、下記フォームの備考欄でご希望日時をお知らせください。
国内出張も可能です。また、消防書、警察署、ペットシッタースクールや各種動物関係にも出張いたしております。

■開催場所:
世田谷区奥沢7丁目13番(自由が丘駅正面口から徒歩3分)
詳細はお申し込みいただいた後、受講予約返信メールにてお知らせいたします。

■費用:
お一人様7,500円(テキスト、修了証書)
税込みで8,100円
受講料金はPetTech社の取り決めにより、全世界共通となっております。

■お支払い方法:
参加前日までにお申し込み自動返信メールに記載の指定口座にお振り込みください。

■キャンセル料:
前日までのキャンセルは100%

■参加人数:
8名まで ※ペット連れでは参加できません。ご理解をよろしくお願いいたします。

■会場:
東京都世田谷区奥沢(自由が丘駅から徒歩4分)、 お申し込み完了メールに詳しい地図を添付いたします。

ペット(犬と猫)のCPR(心肺蘇生法)、ファーストエイド(応急処置)、健康維持管理のインストラクターになりたい方は、別途、ご相談に応じます。
また、ペット保護活動団体、ペットビジネスの方々とのコラボセミナーも行っております。詳しくは、メール(info@irescue.jp)までご連絡ください。

■お名前 (必須)

■お名前 (カタカナ) (必須)

■メールアドレス ※携帯メール不可/PCメールのみ (必須)

■当日連絡可能なお電話番号 (必須)

■受講されたいメニュー (必須)

■ご希望の日時 (必須)

■その他、連絡事項

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?

よろしければ、チェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般社団法人 日本防災教育訓練センター
代表理事 サニー カミヤ
~明日をもっと安全に~
http://irescue.jp
電話: 03-6432-1171 携帯:090-4830-4888
メール:info@irescue.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー