災害に強い人になる

防災ワークショップ【災害に強い人になる】

irescue28

■防災ワークショップメニュー:防災スィッチプログラム
【災害に強い人になる】噴火災害・地震災害から被害を最小限にする方法
防災というと親しみにくい感じ&聞き慣れない言葉が多く、難しそうですが、このワークショップの内容は、8歳くらいのお子さまから、お年寄りまで、「どうやったら災害に強くなれるか?」という【自助力】を高めるワークショップで、わかりやすく、また、楽しく体験できます。どうぞ、安心してご参加ください。

■防災ワークショップ内容:
1、噴火災害・地震についての現状と対策
2、発災時、どのように反射、判断し、まず、何を行動するか?
3、自助防災の気づきときっかけ、自助力の高め方
4、人生継続計画(Life Continue Plan)作成方法
4、「問題解決症候群」は防災教育の敵!
5、噴火災害と地震災害「あなたは、もう、準備できていますか?」
6、防災シナリオ訓練:「発災時、自分はいつどこにいるのか?」
7、現実的、合理的、フレキシブルな個人防災計画の作り方
8、被災疎開先、家財被災見積もり、想定内を増やす方法
9、1分間状況予測シナリオ訓練 ケース多数用意
10、行政や人に頼らない【自助力】を自ら育てる方法
11、想定外(最悪の事態)を想定内に!
12、身近な「あり得る」シナリオイメージ訓練、災害時行動判断訓練
13、反射行動と判断行動を身につける!
14、災害対応能力を高める3つの力「予知力」「予防力」「予見力」を身につける方法
15、火山灰から子供の命を守る3つの知恵
16、災害リポートの方法と情報写真の撮り方、被災情報伝達メッセージの書き方
など、時間の許す限りワークショップを行います。

会場:自由が丘(メールにて詳細をご連絡いたします)

持参するモノ:筆記具(鉛筆、赤ペン、マーカー、付箋、短い定規(無い方は無料でお貸しします))、新しいノート(ご自身の防災ノートにするため)

準備するモノ:
1、自助計画を作成するために必要ですので、自宅の各部屋など、事務所、会社内のよく居る場所など、通勤途上でよく使う道、電車路線など、気になるもの(防災に関係する)の写真か動画を撮ってきてください。自分のための画像資料ですので、他人に見せることはありません。

2、月〜日まで、大体で良いですので、年間を平均して、各曜日毎に多く過ごす場所と時間、電車の路線や道路名称を書いてきてください。簡単で結構です。

3、今までに様々な防災教育やテレビの防災番組を見てきて、何か思ったことや質問、疑問があれば、書いてきてください。

4、ご自身で、すでに行っている防災対策がありましたら、書き出してきてください。

■セミナー料金 : お一人様 3,000円(税込み)
・キャンセル受付は、48時間前まで無料。
・予約完了メールに振り込み先金融機関情報を記載しておりますので、事前にお振り込みをお願い致します。
・当日、現金支払いをご希望の方はお知らせください。

ご質問、お問い合わせは、防災ワークショップなら日本防災教育訓練センター、主任指導員:神谷早苗にお電話(03-6432-1171、または、090-4830-4888)、メール(sunny@irescue.jp)、または、下記のフォームから、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。心からお待ちしております。

防災ワークショップのお申し込みは下記からお願い致します。

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■当日連絡可能なお電話番号 (必須)

■受講されたいメニュー (必須)

■ご希望の受講方法 (必須)

■ご希望の日時 ※第3希望まで必ず選択してください。

第1希望: 時間

第2希望: 時間

第3希望: 時間

■受講の動機

■その他、連絡事項

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?

よろしければ、チェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

【Facebook】で【役に立つ最新防災情報】を発信致しております。
https://www.facebook.com/bousaiworkshop

地震・噴火災害の防災ワークショップなら、日本防災教育訓練センター|充実度No.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般社団法人 日本防災教育訓練センター
代表理事 サニー カミヤ
~明日をもっと安全に~
http://irescue.jp
電話: 03-6432-1171 携帯:090-4830-4888
メール:info@irescue.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー